登場作品:6 - 鬼畜王
才能限界:LV56/88(鬼畜王)
技能レベル:魔法LV3
持ち物:
技・魔法:黒色破壊光線 - 白色破壊光線
山田千鶴子の弟子で、「味方殺しの最強へっぽこ魔法使い」「歩く厄災」と呼ばれる。絶望的にドジでお馬鹿なのだが、魔法力だけは人類最強(当代、人類で魔法技能LV3を持つのは彼女のみである)なので極めて危険な存在。
千鶴子を悩ませる原因の一つ。ランス達がレジスタンス活動を行っている際に、対面しランス一行に魔法を放ったが暴走を起こし、意図せずランス一行を異空間に閉じ込めてしまった。その後、状況を打開するため、白色破壊光線を放ち、その異空間を貫通させる桁違いの魔法威力を見せつけランス達に恐怖を与えた。ゼス開放作戦時には、ランス達に協力し予備のマジノラインを起動させるため、ガンジーの補助はあるものの莫大な魔力供給をたった2人で成功させている。本編後に、その強大な魔力に目をつけた魔人アベルトの使徒にされてしまい、黒色破壊光線などを使用してランス達を苦しめた。魔法LV3の影響か使徒化の影響かは不明だが、白色と黒色両方の破壊光線を使用する描写をみせた珍しい存在である。師匠である千鶴子のことが大好きで彼女の世話を進んで行っているが、前記の通りおバカなので逆に迷惑をかけてばかりいる。だが千鶴子には呆れられる程度で、『鬼畜王』のように嫌われてはいない。
鬼畜王
千鶴子から受ける扱いが『6』より酷く、進め方次第では、究極魔法「ピカ」の素材としてパパイヤに差し出され、殺されてしまう。
戦国
ゼスに援軍を依頼すると会話の中で名前だけが登場する。ランスに上記の異名を聞かされた3Gは情けない悲鳴を上げて怯えていた。
出演过鬼畜王ランス / 鬼畜王兰斯中的角色

有用(40